いい塗装屋さん

名古屋市、愛西市、弥富市の外壁塗装、塗装、リフォーム、外壁工事、モルタル外壁塗装は「いい塗装屋さん」。

事業内容

住宅塗装・防水・各種リフォーム

 

会社概要

所在地
〒455-0873 名古屋市港区春田野3丁目602-1

電話:052-303-0053
FAX:052-303-0009

 

当社はマイリフォームレシピに登録しております。
当社はマイリフォームレシピに登録しております。

 

お問い合わせ

 

HOME»  当社のこだわり

当社のこだわり

1. 完全自社施工

中間マージンの大幅カット図式

 

中間マージンの大幅カット!!

当社の職人が工事完了まで責任を持って施工します。
中間業者が入らない為、お客様と職人の距離がありません。
つまりお客様のご要望をそのまま、工事内容に反映する事ができるのです!

 

2. 適正価格の追求

当社では、長持ちしない安いだけの工事は致しません。
またその反対に必要以上に高い材料をお勧めするような事も致しません。
お客様の立場に立って、長持ちで最適な材料・施工方法を提案しています。

 

3. 責任対応(アフターフォロー)

1 工事前・工事後に近隣挨拶をお客様に代わって行っております。
2 工事が完了しましたら保証書を発行しています。
3 工事完了後、半年後にメンテナンス点検(無料)を行い、不具合箇所の有無を調べます。

 

4. 整理・整頓の徹底

私達は、仕事の質とは整理・整頓が出来ているかどうかに現れていると思っています。
その為、施工させて頂いている現場はもちろん、自社倉庫においても徹底した整理・整頓を行っています。

 

5.保証書の発行

当社では、工事完了後保証書を発行しております。定期的に点検に伺います。

 

責任のある仕事をします

悪徳リフォーム業者による”手抜き工事”でお客様が迷惑を被る言った話しには私共も同業者として強い憤りを感じており絶対に許せません。当社はまさに真面目さだけが取柄の人間ですが、塗装に関しては絶対に譲らない高いポリシーをもって頑張っています。熟練された技術と高い誇りをもって毎日頑張っています、どうぞ、安心してまかせて下さい。必ずお客様が喜ぶ仕事をさせていただきます。

 

適正な価格を提示します

通常、工事価格、人件費、材料費、会社の経費(利益)の三点から構成されています。現場調査基づいて決められた適切な工法により材料費と人件費は算出されますが、この点においてはどこの施工業者もあまり差はないといえます。問題なのが会社の経費、いわゆる利益ですが、これは会社の規模、経営業態、方針により大きな差があります。大勢のセールスマンを雇ったり、工事を下請けに丸投げし利益だけを追求するような業者は概ね法外な価格を提示するものです。業者の選定においてはこの点を充分に見極めるようにして下さい。当社は、地域の皆様に信頼されるように日々頑張っています。工事を下請けに出すことはありません。私自身が、直接施工します。セールスマンを雇うことも、過剰な宣伝をすることもありません。よって適切な価格で確実な施工ができるのです。会社の規模やネームバリューに惑わされずに適正否価格を見極めて下さい。

 

お客様に喜んでもらう事を目指します

私たちは日々、さまざまな現場で塗装工事を通じてお客様の大切な財産(お家)を守る手助けをさせていただいていますが、その中でお客様からいただく”お礼の言葉”がなによりの励みと感じます。私たち職人は真面目だけが取柄の人間です。ごまかすことなく真正面からお客様と向き合って毎日仕事に取り組んでいます。決して利益や売り上げだけを追求する業者ではないことをご理解下さい。目先の利益だけを追求していては絶対にいい仕事はできないし、長いお付き合いもできないと確信しています。私たちは「頼んでよかった」「安心しました」と言った”お礼の言葉”を頂くことを目標とし、適正な価格、責任ある仕事でお客様に心から喜んでもらうことを目指し、頑張っていきます。

 

私たちいい塗装屋さんでは、

塗装職人にこだわり抜いた外壁塗装工事をしております。外壁塗装なんてどこの会社でも同じだと思っている方が多いのですが、結局最後は人の手で塗料を塗っています。どんなに高級な塗料でも、それを塗装する職人の腕が悪ければ台無しです。塗装の仕方しだいでは耐用年数の半分ももちません。それほど外壁塗装とは技術が必要なんです。地元でやっていく以上、自分たちの仕事に手を抜くことはできません。悪いうわさはすぐに広まってしまいますからね。もし今、外壁塗装をご検討ならいい塗装屋さんにお声かけください。当社が自信を持って仕事をやらせて頂きます。

 

塗り替えの時期について

塗り替えの時期は、場所や条件・塗料の種類によっても異なりますが、目安は外壁で7~10年、屋根で6~8年と言われています。壁をさわったら手に白い粉がつく・ヒビ割れ・変色している・カビやコケが生えている・塗膜の剥がれ・・・これらが見られれば「塗膜の保護機能」がなくなっています。素地の劣化を最小限にくいとめ、早めに塗り替えを行う事は、結果的に建物の寿命を延ばすだけではなくメンテナンス費用をも抑えることになります。お家の木部・鉄部は5年ごと。外壁は8年ごとの塗り替えが、住宅の耐久力を維持する理想的な期間ということです。一般的に外壁塗装なら、新築後8~10年。その次の外壁塗装は、使った外壁塗料の種類にもよりますが、10~15年といわれています。新築後最初の外壁塗装が8年が理想というのは、モルタルの乾燥伸縮、振動等により必ずといっていいほど、ヒビ割れが発生します(可動クラック)。これが、8年位経過すると収まってきます(可動停止クラック)。そして、新築時は上記の事を前提に、ほとんどの場合、耐候性の弱い仕上げ塗料(殆んどアクリル成分)を使っていますので、8年位で、ヒビの補修と外壁の塗り替えを行うのが理想となります。ただ、見栄えということや洋服を変えるようにお家の雰囲気を大きく左右するのも外壁塗装です。汚れが目立ってきたからという建物の保護が理由だけではなく、見栄えを良くしたいと言う気分で塗り替えを行う方も実際には多くみられます。外壁を塗りたいと思った時が、塗り替えるタイミングであるとも言えます。